スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終日

本日で1学期が終わり。
明日からは1ヶ月もの春休みである。
とりあえず、丸付けも成績付けも終わり
掃除でもするかと思っていると
丸付けを手伝ってくれとのお達しが。



基本頼み事は断れない

心やさしきJapanese Volunteer

罪深きYes man

今日もNice smileで引き受ける。



が、教科はBiology(生物)。

しかも答えの半分以上が文章での

回答を要求するものである。

模範解答はあるものの



わかるかー


コンピュータについてだって
生徒の文章を解読するのは並大抵のこっちゃない。
やつらは英語を日常的に喋ってるからといって
文章がきちんとかける訳じゃない。

字は汚い。

スペルは間違ってる。

文法はもとより文の構成もめちゃめちゃ。

しかも生物ときたもんだ。



とまぁ大変だなぁと思っていると
何やら事態はより深刻に。
なんとこの生物の先生、
1週間も前に試験が終わっておきながら
採点なにもしてない。
模範解答も手書きで生徒の答案以上に読めない。
しかも番号順になってない。
記載のない問題まである始末。


だんだん状況も掴めて来た

ふむふむ。

他の先生総出で採点してる、

英語、物理、数学、、、

総勢12人。

これじゃ採点基準にバラつきがでるだろーよと思いながら

雰囲気で採点をする英語不得意日本人含む教師一団。

しかも当事者の先生は休み時間にはきっちりまったりしてるし。


結局終わんねーでやんの。

で、生物の先生持ち帰っちゃってんの。

最初から持ち帰ればよくね?
スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
つぶやき
デンスケのつぶやき 最近Twitterよりだす。ブログはいろんな意味で重いよね。 まぁそれが良さでもあったりする。
    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。