スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モパニ

昨日の移動から一晩明け、
本日も早速朝から移動ですわ。

晩飯の時しか話せませんでしたが
Rundo隊員さん達、ありがとさんでした。
10日後にまた首都で会おうと約束を交わし
(集まりがあるんです)
しばしの別れ。

今日はOndangwaへ向かいます。
ここにも隊員さんがいます。
マルコムX、アメリカンヒストリーXを渡すのだ。
まぁそれは物のついでってやつでね。
色々と街を訪れて行くんですよ。
ただ街はやることないから
隊員宅を訪ねては翌日に出発するといった感じ。

この日の移動も数百キロ(もう何キロだかよくわからん)
Rundoから7~8時間。
でもRundoからはKombiが充実してて
待ちは1時間半ぐらい。

Kombiも最新鋭の23人乗り。
(逆に人を集めるのが大変というデメリットあり)

まぁ退屈は退屈なれど
きちんと一つの椅子を占有出来る喜びに
浸りながらの
何ともまったりとした移動でした。


そしてOndangwa
この辺まで出てくると、もうカティマとは違います。
カティマが別の国で、かつ、
田舎国家なのだということを思い知らされます。

まず景色。
カティマみたいに木が生い茂ってないから
だだっ広いもんですよ。
もうぶわぁ~って感じ。
これはもう来て見て感じるしかない。

そんで言葉。
ナミビアの半数をオバンボ族が占め
彼らが話すのがオシワンボ。
ここ北部はそのオバンボがいっぱいなんです。
カティマはそのオバンボや地元のカプリビアン、
その他ジンバブエ、ザンビア等から
色々な人が集まる所に位置するんで
英語の比率が高いんですな。

あとは食事。
ついにいたよ、こいつ。
モパニと名前忘れた奴。
要は芋虫とカメムシ。
そりゃ来たんだから食べます。
04052010_モパニ01

普通。

ちょっと香ばしい。

うまくもないがまずくもない。

酒の肴にはなるかな。

特にこういうのは抵抗なく行ける方です。

それでもよくよく見ながらは食べたくない奴ら。

うーん、まぁ一度は食べてみてもいいんじゃない。
04052010_モパニ02


そんなこんなでこの街に一泊。

なかなかに素敵accommodation。

夜は映画と音楽を貰ったり、あげたり。

お洒落な部屋とハイソなセンスの

素晴らしい時間を過ごせました。

これまたありがとうでした。

ではまた首都で!
スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
つぶやき
デンスケのつぶやき 最近Twitterよりだす。ブログはいろんな意味で重いよね。 まぁそれが良さでもあったりする。
    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。