スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教師適正

教師適正について考えてみる。

どうにも向いてないなぁと思う。

何がって、先生ってのは生徒に教えるんだな。

それは勉強だけでなく生活面でも。

てなわけで時には叱り付けなきゃならんわけだが

この感情を上下させるのが異様に疲れる。

他の先生はよく怒った後、何でもない顔して授業できるよなぁとか思うんです。

まぁ英語ってのもネックではあるとは思うもののね。

しかもひっきりなしに生徒がやってきて

理不尽な不平不満を並びたてたり、

ちょこざいな要求を提示してきたり、

たまにじゃれ付いてみたり。

それに生徒にしてみれば一日一回でも

こっちは何人も相手にしなきゃなら無いときもある。

真摯に、平等に対応せねばならぬ訳です。



ただあと3年、5年やったらだいぶ違うだろうとも思う。

いい意味でうまくやれば飽きのこない職業、

要はやりがいのある職業であることは間違いない。

ただ俺には3年も、5年もやってみる

時間も勇気も無いけどね。

とにかく何かが見つかりそうな職業である。
スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
つぶやき
デンスケのつぶやき 最近Twitterよりだす。ブログはいろんな意味で重いよね。 まぁそれが良さでもあったりする。
    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。