スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チキチキ

Okapuka。

我々が泊まっている宿である。

ここは広大な庭を構える。

庭ってか、もはや山、川、safariパーク。

午前はこの広大な土地をのんびり散歩に行くのです。

木霊さんの体調が優れないため

2時間、6時間の散歩コースのうち、

2時間コースを選択。

てくてく歩く。

と、ものの10分で木霊さんダウン。

あぁ。

まぁちょっとした腹痛程度なようなので

部屋でのんびりしてるとのこと。

引き返す木霊さん。
07012011チキチキ01

というわけでデンスケは一人でお散歩継続。

すると2時間、6時間コースの分岐点。

最初に6時間コースって聞いたときは

散歩で6時間てぇ、やりすぎって思ったんですがね、

なにやら、おいどんの、内からこみ上げてくるものがあります。

ということで6時間コースに変更。

ただ普通に6時間歩くと飯には間に合わないため

まぁ行けるとこまでいきましょう。

しかし誤算。

ビーサンできちまった。
07012011チキチキ06

道は一応整備されてるものの、ずっと大き目の石やら

とげとげの草やらがごろごろ。

最初はよかったんだがめっちゃ足が痛い。

でも引き返すのも面倒。

そのまま突き進む。

たまに姿を見せる草食系動物たちにお猿さん。

さすがに肉食さんは姿が見えないんですが

草食さんでもあれだけ長い角と

でかい体だと、ちょっと怖いですな。

襲ってくんなよ。特にサル。

しかしすごい広大な土地。

どこまで歩けばいいのだろう。

完全に引き返すタイミングを見失う。

と、、、

View Point!

眼下に広がるナイスなビュー達。

一体何キロ先まで見通せるのか。
07012011チキチキ07

向こうの方に先に続く道らしきものが見えますが

どう考えても、あと3時間はかかりそうなので

この辺で引き上げておきましょう。



さて帰ったら木霊さんはのんびりしてて

多少は体力を回復したようなので

午後にこの庭のsafariツアーに参加。

庭って行っても広いからね。

キリン(数百頭いるらしい)、ライオン、草食系多数、それにライノーまで

日本のサファリパークって行った事ないけど

多分ここより規模小さいんじゃないですかねぇ。

バッファローとか駆け回っちゃってるし。
07012011チキチキ03

オリックスかっけーし。
07012011チキチキ02

らいのーでっけーし。
07012011チキチキ04


首都からこんだけ近くで気軽に見れるんですな。

ちょいと見たいときにはお勧めですよ。


その後ライオンに餌をやってるところを見学。

うーむ、強そうだ。

何度もアタマの中で襲われた場合をシミュレートするが、、、

勝てない。

腕の一本では済まない。

恐らく体にボディを入れたぐらいではびくともしないだろう。

ネコ科が打たれ強いのは知ってるからな。(動物全般か?)

2人いれば一人に食いついてる間に石を頭に、、、

等とずっと考えていたokapukaの午後でした。




ちなみにこの宿、高いんですよ。

この旅で一番高い。

ちゃんと周囲の評判やら、ネット上の評価もチェックしたんですが

サービスレベルはお世辞にも高いとはいえませんなぁ。

欧米人(恐らくメインはドイツ人)には人気のようだけど、

彼らは細かいところあんまり気にしないのかな。

恐らくオーナー(ドイツ人と思われる)の影響かと思うけど

あのオーナーが愛想悪かったしなぁ。

高級店だとスタッフもちょっと気取ってるしねぇ。

それで仕事できればいいけど、

そんなでもないしねぇ。

折角ナミビア人売りの気取らないフレンドリーさをなくしちゃだめですよ。





さて最後に戦いの結果を記しておこう。

つい2ヶ月ぐらいまえからだろうか。

デンスケは縄跳びを見つけたのだ。

それから縄跳びを練習してたんですよ。

小学生時代にもやったはずだが、私の学校はそれほど熱心にはやらなかったと思う。

2重跳びをやった記憶がないのだ。

出来なかっただけかもしれないが、

特に練習した記憶も無い。

つまり人生で2重跳びをしたことがなかった。

で、縄跳びをゲットしたので何となく挑戦してみるとだ、、

跳べる、、、

飛べるよ、、、

最初は数回連続だったが、

最高26連続まで到達した。

若干力技なのは否めない跳び方ではあるが。

と、ここまでが前置きである。

この話を木霊さんにしたところ、

30連続ぐらいは”今でも”軽いとのたまった。

これにはいつもは温厚なデンスケもだまってはいられない。

というわけで、チキチキ第1回2重跳び連続どれだけ跳べるか大会inNamibiaの開催と相成ったわけだ。

罰ゲームはおでこに”肉”と書くこと。

これは負けられない。

肉なんてかかれたら、ナミビアンに笑われてまうで。

お婿にいけないじゃないか。


そして戦いのときは来た。

先行木霊、後攻デンスケ。



木霊がはねる、木霊がはねる。

で、

10回。

たった10回!?

あの威勢はどこいったんだ!?

んん?

さぁその縄をよこしたまえ。

見よ。

見るがいい。

これが本当の2重跳びだ。












4回。






言い訳ってわけじゃないがね

デンスケはここ1ヶ月は旅行のため練習はしていない。

彩子さんだって言ってたじゃないか、

急速に力をつけた分、失われるのもまた速い、と。(スラムダンクより)

それにしても悔しい。

正直10回なんて、、、。

まぁもう何も言うまい。

1年後日本でのリベンジをかけてこれから特訓に励むさ、、、。

ちなみに私は”肉”罰ゲームは臨む所だったんですが

そんな人とは一緒に飯を食いたくないとの指摘が木霊さんより入り

罰ゲームはうやむやになってしまいました。

言っとくが俺が勝ったら罰ゲームまでしっかりやるで、待っとけよ!!


真っ赤な蜘蛛?赤すぎ。
07012011チキチキ05

スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
つぶやき
デンスケのつぶやき 最近Twitterよりだす。ブログはいろんな意味で重いよね。 まぁそれが良さでもあったりする。
    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。