スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古品

中古品。

今日は近々引っ越す人がいらないものを売りさばいているというので

同僚にビデオカメラがお買い得かどうかを見定めてと依頼され同行しました。

まずこの売主、カティマ生まれながらアメリカ育ちらしく

引越し先もアメリカとのこと。

住んでる家も、持ってるものも、お金持ち。


そんでね、ナミビアってところは中古品が高い。

個人的には引越しの場合に知り合い、友達に売るそれは

お友達価格という言葉もある通り、普段のありがとうの気持ちだったり

むしろ引き取ってもらえる事へのありがとう代なんかも込みして

買う側にとって買って良かったなと思える値段を提示すべきかなと思うわけ。

まぁこの辺は私が日本人であるということと、性格的な所もあるとは思いますが。

ナミビア人にも当然この辺の気持ちはあると思いながらも

その基準がえらく違う。

全部の値段は覚えてないけど、そんなんも売るんかいと思えるほど、全てを売っていく。

延長コードとかも店の値段よりきもーち安いぐらい。

セールでもしてたら、下手したら店のが安いんじゃないかというぐらい。

驚いたのがビデオカメラ、ビデオデッキ、プリンタ。

値段から言うとビデオカメラ(\72,000)、ビデオデッキ(\12,000)、プリンタ(\35,000)

もしかしたらプリンタは聞き間違えたかもね。

あまりに高すぎる。でも同僚もそういう風に言ってたんだよなぁ。

ちなみにビデオカメラって記録メディアがテープですよ。

ビデオデッキってVHSですよ。


一応調べたらビデオカメラ、3年前に日本では新品で5万前後ってとこですな。

今は中古で2万5千でした。

でも売主はいつ買ったかにはあまり言及せずに

本当は17万したやつを、俺は9万で買ったんだ、と言い張るわけ。

それは別にいいけど、その話って3年以上前なんだよねぇ。

まぁナミビアは新品も日本より1~3割程度高いけど

電化製品でこの値下げ幅はちょっとぼったくりな気がするなぁ。


まぁ確かに誰かが使ったからってすぐに値段が下がる日本のほうが

おかしいと言えばおかしいと思うが

電化製品は日進月歩の世界。

ある意味では消耗品でもあるしね。


まぁナミビア、特にかティマだと首都に行くのも楽じゃないってのもあるし

それはそれでシステムとしてはまわってる気はするけどね。

電気屋でも開業したら儲かりますな。
スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
つぶやき
デンスケのつぶやき 最近Twitterよりだす。ブログはいろんな意味で重いよね。 まぁそれが良さでもあったりする。
    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。