スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競技会本番?

一応本番なのか!?

そういえば昨年赴任してすぐにこれやったけな。


さて相変わらず時間通りには始まらない。

7時集合、8時開始のはずだが。

実際始まったのは10時前後かな。

それもいっせいにではなく、何となく準備が出来た種目から、、、みたいな。

先生自体の出席率も悪い。

何かWorkshopとか入れちゃってたり。

校長もいないし。

出ても意味ないって思っちゃってんだろうな。

さらに言えば俺自身、今日開催って知ったのが昨日。

しかも仕事がアサインされてたらしく

ぷらぷらしてたら注意されたし。

まぁプログラムすらもらってなかったから、逆ギレしてやったけど。
(冗談交じりにです)



もう言ってもわからんだろうから、日本の運動会なり、体育祭なりを見せてあげたい。

準備から全部。

何か感じてくれるだろうか。

それともそれすらただ普通に受け入れてしまうのだろうか。

ちなみに昨年同様、今年もなぜか私は幅跳びの担当をしました。

昨年はいただけだったけど、今年は全てを仕切ったね。

ってか他の担当者が誰も来なかったんだけど。

まぁこんなもんです。

それは危ないよ。

なんかたまに見かけるんですが(ブログとかもね)日本人のバックパっカーって
なんか凄いことに挑戦してる人が多いのでしょうか?
感覚的なんで何とも言えないんですが。
ここで言う凄いって、別に尊敬できるという意味ではなく無謀なこと。

うーん、外人のブログはわからないし、
短い会話の中で、そんなに情報は得られないから
多分日本人に限らずなのかもしれないけど
(だったら最初から、限るなって話だけど)
犯罪や事故に対する意識が希薄というか、危機管理能力がないというのか。
はたまたスリルを求めて彷徨っているのか。

時間を節約するのと、お金を節約するのは
えてしてトレードオフの関係になると思いますが
ここに更に自らの危険(例えば夜間移動など)を加えることで
これらを一挙に解決してしまおうと。
不可抗力もあるとは思うけど、それに対して何も思わないって感覚がわかりませんね。

ここナミビアでも意外と現地人から注意されたりするんです。
その時間にそんなとこは歩かない方がいいとか、
その荷物の持ち方はやめた方がいいとか。
やっぱり、その辺の危機意識の持ち方が違いますね。

まぁ当然すぐに何かあるわけじゃないですが
自分が被害を被るだけならまだしも、
人には迷惑をかけないようにしましょう。

競技会練習

近々体育祭があるらしく、今日は練習である。

私もチーターチームに配属される。

うむ、期待の高さが伺い知れる。

まぁ要は雑用担当であるが、久々にグランドを駆けまわるのは楽しい。



生徒はほとんどめんどくさがって走りたがらないが

後ろからケツをたたきながら走らせる。
09022011競技会練習01

こいつらほんとみんな運動神経はいいんだがね

なにせ部活みたいに強制されるわけじゃないから

みんなだらけきってんだよなぁ。

もったいない。



他にも、やり投げ、砲丸投げ、幅跳び。

こいつらみんなやり方知らない。

おれだってやり投げなんてやったことねぇけどしたり顔で教えてやる。


腕で投げるんじゃない、

そして一番重要なのは声だ!

ぬぁぁぁって投げるといいぞって。




しかしやり投げそんなとこでやんなよ。

そのうち刺さるやつ出てくるぞ。

取りに行くのがめんどいのがわかるけど双方から投げ合ってんだな。

しかもすぐ近くでは高跳びやってるし。

日本だったら体育教師がブチぎれるぞ。



ちなみに女生徒から徒競争を持ちかけられましたよ。

年のころは高校一年前後かな。

もしかしたら負けるかも、と一瞬頭によぎるが

さすがに敵前逃亡はカッコ悪すぎる。

とりあえず相手になってやる。


相手は裸足だとか、私服だとかそんなんは関係ない。

全力をもって打ち負かす。

負けられない。



Ready,,,,,


Go!!


余裕だ!

余裕で勝てる!


途中横につけちょっとからかいながら


最後は一気に差し込む。

ふむ、さすがに負けんな。




ちなみに感覚的にですが、男子でも日本より足遅いんじゃないかな。

当然日本で運動部に所属してるやつって条件だけど。

日本だと毎日きつい練習してるでしょ。

こっちは適度な運動はしてても、限界まで走り倒す経験ってあんまりしてないので

一部の筋肉むきむき生徒を除いて、男子でもまだ勝てるかな。

それでも運動センスがいいのは間違いない。


挑んできた女生徒
09022011競技会練習02

怒り

今日は久々に怒った。(叱った)

クラスに対してね。

まぁ怒ったって言っても前ほどではないかな(前を知らないと思いますが)。

ちなみに「うるせー」とか「静かにしろー」ぐらいの叫びは日常茶飯事です。

で、そんときよく言うんですが、俺は知らんと。

損をするのはお前らだから、と。

これは本心で、正直やりたくないやつらはやらなくていいと思うんですよ。

叱る必要すらない。



まぁ当然その判断ができない”子供”ってのもいるわけで

ある程度は強制的に教えることも必要なわけで

どこまで、いつまでやるかって話ですね。


大学生なんて、もうこの必要はないですね。

寝るのは勝手だけど、他には迷惑かけないでね、と。

でもそう考えると、いつぐらいから自己責任とか言っちゃえますかねぇ。

個人的には中学生なんてもう良いと思うんですがねぇ。

特にナミビアって学校にこれないやつも多くいるんで

だからみんな学ばなきゃ食いっぱぐれるっていう意識が少なからずあるような気がするんで。

日本よりはって基準ですが。


まぁ当然どうサポートするかは重要で、

やる気のある生徒のやる気を削ぐことだってできるし、その逆も然り。

先生によってはその辺のコントロールは上手いしね。



確かに中学生で野放しってのは厳しい気もするけど

うまいこと自ら責任を果たせるようにならんかなぁ。

ちょっと学校が過保護すぎる気がするんだよなぁ。

なんか明確なインセンティブを用意できればいいんだが、、。

パソコン購入

秘書室には3台パソコンがあって其々かなりふるーいので
いっつも調子が悪くなっては呼ばれてたりしたわけです。
まぁ不具合って言ってもフリーズしたとか、
マウスを認識しないとか、プリントできない、、、云々なんで
再起動したり、タスクマネージャからプロセス落としたりすれば
大抵は直っちまうんです。
ただ私としても、新しいの買ったほうが良いよ、
と助言してたわけなんですが、ずーと野放し。
秘書さんはそれこそ不満大爆発で、
しかもあろう事かそれを私にぶつけてきたりするんです。



俺は直してやってんだぞ!ってのをぐっとこらえて

そして直してやるときは、席をあけろ!なんて思いながら

器の極小っぷりを出しつつ、そして肩身の思いをしながら

まぁそんな感じでいっつも大変です。


ただついにパソコンを買うということで
私にも協力依頼があって、
先日見積もりをとってそして届いたんですがね。


ひどいね。

まずここカティマ。
当然パソコンショップなんてないですよ。
いくつか家具屋が趣味みたいな範囲で1、2台入荷してたりします。
ありそうなところを3件見て、現物があったのが1台。
それはモニタがあまりに小さいので却下。
それで見積もりとって(それもこちらに選択肢なし)、それを発注するんですが
パンフレットなんて殊勝なもんは無い。
メーカーも書いてなきゃ、スペックもほとんど書いてない。
いちいち確認して、答えて貰う。
聞いたら知ってるし、店員は一応の知識はあるようなんだが
だったら最初から書いとけよ。
CPUもPentium4としか書いてないし、メモリも書いてない。
何かこっちの人の傾向としてはHDDの容量をやけにおしてくる。
350GBもあるだぞ、とか。

どうでもいいわ、そんなもん。

どうせ学校のPCでドキュメントしか取り扱わないから
100GBありゃ充分、最悪HDDなんて後からどうにでもなるし。

まぁどっちにしろ、見積もり取ろうが1種類しかないから
競合させようもないんですがね。


更には入荷後。
まず入ってるメーカーが違う。
HPっていってたのに、Samsung。
HDDだって350って言ってたのに300だし。

更にはソフトを設置してから入れてるんだよねぇ。
リカバリディスクも用意しろって言ったら、
何冗談言っちゃってんの、みたいに笑ってんだよ。
OEM版だからそんなんないんだって。
まぁちょっと強く言ったら用意したけど、ただのコピーのような、、、。
もう何でもいいよ。


自分のだったらぶち切れる所だけど、まぁ使う人はそんなん気にしないので
とりあえず早いとこ使ってもらうことにしましたよ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
つぶやき
デンスケのつぶやき 最近Twitterよりだす。ブログはいろんな意味で重いよね。 まぁそれが良さでもあったりする。
    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。